• トラックドライバーに聞いた『受かる』面接マニュアル

    当日は、清潔感がポイント!

    ・スーツが基本。ジーパン、ジャージ、短パンはダメ。

    ・シャツは白。胸のポケットにタバコを入れていかない。

    ・ネクタイも締める。色は紺やグレーなど。

    ・靴は黒色でビジネス向けのシンプルな革靴。

    ・エナメルなど、装飾された派手な靴は避ける。

    ・靴下を必ず履いていく。色は黒か濃紺。

    ・スニーカー、サンダル、ブーツ、下駄はダメ。

    ・サングラスもダメ。

    ・A4サイズが入るビジネス用のカバンで行く。集金に行くような手持ちカバンでは行かない。

    ・履歴書はクリアファイルに挟んでカバンから取り出す。ズボンの後ポケットに折り畳んで入れない。

    ・車で行く場合は、最寄りのコインパーキングに停めて歩いていく。来客用の駐車スペースには停めない。

    ・助手席に彼女を乗せて行かない。

    ・荷待ち中に面接に行かない。

    ・現在勤めている会社のトラックで面接に行かない。

    ・面接時間の10分前には会社前で待ち、出入りする社員やドライバーに挨拶。

    ・早めに着いたからといって、会社の前でタバコを吸わない。

    ・携帯電話は電源を切っておく。面接中に着メロを鳴らさない。

    ・面接前にブレスケアで口臭予防。

    ・風邪を引いている、重度の花粉症など、余程の理由がない限りマスクは外す。

    ・筆記用具は言われなくても持って行く。小学校の時に使っていたアニメの缶ケースは避ける。ねりけしも不可。

    ・免許証は当然だが、印鑑も念のために持って行く。

    ・会社に入る前にコート、ダウンジャケット、スカジャンは脱いでおく。

     
     

    会社に入ったら、すべての人が面接官!

    ・会社に入る際は、誰も周りにいなくても必ず「失礼します」と挨拶。

    ・受付の人が出てきたら、「本日、○時に面接のお時間を頂きました○○です」と名乗る。

    ・「お待ちしていました」と言われたら「ありがとうございます。よろしくお願いします」と挨拶。

    ・スリッパを出されたら「お借りします。ありがとうございます」と御礼。靴は下駄箱がなければ、入口の端の方にきちんと並べる。

    ・案内されたら、「失礼します」と言ってついていく。

    ・部屋に入っても椅子にはすぐには座らず、「どうぞお座り下さい」と人事担当者に勧められてから座る。

    ・座る時も「失礼します」と言ってから。

    ・足を組まない。

    ・靴を脱がない。

    ・あぐらをかかない。

    ・靴下を脱がない。

    ・経歴や志望動機などは頭にたたき込んでいく。

    ・いきなり給料のことを聞かない。

    ・「当社を選んだ理由は?」と聞かれたら、「近いから」「給料が良いから」「楽そうだから」という理由であっても、「御社の募集内容を見て、これまでの自分の経験が生かせそうだと感じました。また、自宅からも近くしっかりと働けそうなことも理由です。もちろん、待遇面も魅力的でした」と柔らかく話す。

    ・業務内容や勤務条件など、気になることは面接終盤の「何か質問はありますか?」と言われてから聞くこと。先に聞かない。

    ・「好きなときに休み取れますか?」「給料の前借りはできますか?」など、自分の都合だけの質問は聞きたくても避ける。

    ・「では、改めて結果はご連絡します」と言われたら、起立して、「ありがとうございました。頑張りますので、よろしくお願い致します」とはっきりと挨拶。

    ・会社を出る時も、「ありがとうございました。失礼します」と大きな声で。

    ・会社を出た瞬間にタバコを吸わない、携帯を見ない。

     
     
  • おすすめ運送会社ナビ会員向け

    気になる会社の評価は!?
     
  • ブルルの会員ログイン

     
  • 勤務地から検索

    あなたの街のトラックドライバー求人情報を県別で検索