サクッと短く気まぐれに

「閉」

男は閉ボタンを押した。

女がこちらへ向かって来るように見えたが、気のせいだということにした。

箱は扉を閉じ、たった一人の客のためにゆっくりと稼働しだす。

男は、ふと思い返す。本当に気のせいにしてよかったのだろうか。さっさと閉じずに、一度様子を窺うべきだったのではなかろうか。

汗が首筋をめがけ一気に降下していく。室内はじりじりと暑く、この汗は焦燥や後悔によるものではないと自分に言い聞かせる。

箱はもう止められない。男のそういった感情を汗と共に置き去りにし、ゆっくりと、ゆっくりと、上層へ運んでいく。

 

暫くしたのち、遠くからささやかに聞こえていた女の悲痛な叫びは、ひとしきりの熱い空気と崩れた骨を残し、どこかへ運ばれてしまった。

 

 

 

 

ありがちな意味怖SSを作ってみたよ。お気に入りポイントはジョセフが本当の黒幕と対峙するシーンだよ。

good 8
bad 0
 
 

2件のコメント

  1. うおおおお!!ゾッとした!!!おこめさんの本領発揮ですね!?小説家デビュー待ったなし!!

    good 3
    bad 0
     
     
    1. ワードセンスが光るよね、この言葉選びの奥ゆかしさというか、うんうんわかる
      デビューしたらnaomiさんに帯のコメント頼むね

      good 2
      bad 0
       
       

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です