おはようございます。☺️

前回の続きです。

まず一つ目は荷卸検品問題です。

今の物流は荷卸して荷卸先の人とドライバーで検品するというやり方は昔からありましたが、これはドライバーの仕事ではなくて荷卸先の人仕事でパレット積替えも荷卸先の人がやる仕事なのでドライバーの仕事は全く関係ない仕事させられてる現状です。荷卸先の人は人数増やして検品するべきでパレット積替えも同様です。

私の改革はお客様がする仕事でやるなら問題ありませんがもし、ドライバーに作業依頼するのであれば作業代金払ってもらわない時間と労務が勿体ない。何万個の荷物扱う物流ならそこを改革しないといつまでも変わらない。検品出来る機械導入するか人数増やして導入するしか方法ありません。ドライバーに負担かけるのはどうかと思います。運送ドライバーはお客様の荷物を安全にお届けする仕事です。荷物はお客様がやるべきです。

次に待機問題ついてです。

これはどこの運送業者も経験してますが、荷卸先の会社が把握できず全国からトラックが荷卸先に到着して受付して待機するのですがこれがまた長い待機時間でいつになったら荷卸できるの?と呆れて物が言えないですね。それは先程言いました、検品が問題でありそこから待機時間が長くなるのです。

私の改善は全国のトラック把握してどのトラックが来るのかパソコンで登録して荷卸先に何時に入っていいのか全てパソコンシステムで管理しないといつまでも変わらない。まず、積み込み先で伝票貰いそこに登録してるバーコード番号で荷卸先のシステムに登録して荷卸先の人が管理すれば待機時間なくその時間までに到着出来るようにこれば寝る時間や休憩時間も増えると思うです。受付して待つのではなくてシステム利用して行くことが一番の改善出来る方法でありストレスなく効率よく作業出来るとおもいます。私の過去で荷卸先で受付したのは朝の6時で荷卸できたのは夕方の17時で長いこと待機されました。ふっと思うと待機時間の料金もドライバーに支払って欲しいものです。いや払ってもらわないと駄目ですね。

給料プラス待機料金や作業料金含まれてドライバーに支払っていけば何も問題ないですが、待機料金や作業料金支払ってもらえないとなると時間の無駄なるしやる気無くします。

物流センターならこの悩み改善出来るように役員会で話すべきです。数字や売り上げなど見て物言うのは辞めたほうがいい。現場の人の声と現場で働いてるドライバーの人の声を聞き改善出来るように努力してほしいです。

また何かありましたら投稿します。色々な問題改善しないと物流が変わらなかったらドライバー人手不足なります。では、なおみさんこの改善を声出して国に言えると素晴らしいです。戦うのみ。

good 2
bad 0
 
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です